【フロートアジング】○○パターンで爆釣!真夏のアジはフロートのドリフトで釣れ!

【フロートアジング】○○パターンで爆釣!真夏のアジはフロートのドリフトで釣れ!

ヤバイほど釣れる○○パターン

8月21日

前回の釣行記録で

真夏のフロートアジング:バチパターン

という記事をアップしましたが

その後、大雨

かなり水温が下がっていることが予想され

まだ、釣れるのか確認の意味もあり同じポイントへ

 

時合いは多分、午後7時前後なので少し早めに準備をしてキャスト開始

しかし、ライントラブルでなんだかんだしてたら

もう午後7時

 

そして、1投目からヒットです。

もちろん、フロートでの釣り

2投目も3投目も

流れが変わるタイミングで少しだけアタリが遠のきましたが

その後も1キャスト1ヒット

ヤバイです。

釣れすぎです。

夜通しやれば3桁は行きそうな感じですが、

捌くのも大変だし、

結局、1時間半ほで打ち止めにしました。

 

20210821アジング釣果
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
この記事が面白かったらクリックお願いします。
↑アジングトップブロガーの記事もこちらから

使用したタックルの紹介

今回、使用したフロートは16.6gと少し重め(たしか、シャローフリークの中では最重量)

遠投が必要でしたし、ポイントも深いので16.6gを使いました。

なので、ロッドはエギングロッドを使用(バラシを防ぐには専用ロッドがお勧めです)

ロッド:ダイワ エメラスダスMX86ML
リール:ダイワ ルビアスFC LT2500S
ライン:よつあみ X-Braidアップグレード X8 0.6号
リーダー:フロロカーボン 12Lb→3Lb

フロート:アルカジックジャパン シャローフリークD16.6g

ワーム:エコギア:熟成アクア活アジストレート

バチパターン攻略

今回も釣れたのはバチパターンです。

鰺のお腹を確認してますので、間違いありません。

ここで、バチパターンの攻略方法を紹介します。

ポイントについて

一番難しいのがポイント。なんと言っても何所にバチが溜まるなんて想像もつきません。ハッキリ言って私もたまたま発見して、鰺が釣れてお腹を開いてから、初めて解ったのです。

でも、釣れたポイントの条件に近いポイントでも同じパターンで釣れてた事を考えると

  • 川の水が絡むポイント
  • 流れのヨレ(地形変化、障害物等で流れの変化するところ)
  • 水深は4~6mの海底付近でのヒットが多い
  • 夕まずめより日が完全に落ちてから(朝は実釣してませんので?)
案外、誰も投げてないような場所に鰺が溜まっている場合もあります。実際、この釣れたポイントもジグ単で釣りをされている方は時々おられますが、フロートは誰もいません。しかも、不人気ポイントです。

釣り方について

  • 今回はポイントが沖合で遠投が必要なためフロートで釣りましたが、ポイントが近ければ勿論、ジグ単でもOKです。
  • フロートでの遠投は流れのある場所では、ラインが膨らみ沈降速度が遅くなります。最悪、全く沈みません。これを考慮してカウントダウンしないとつれません。
  • ワームはやはりバチに似た、細長い系ワームが有利。日没後に釣れるパターンなので夜光、臭いは有利に働きます。
  • ジグヘッドは重くすると釣れません。私は基本0.6g。
  • アタリは結構明確に出ます。ひったくる様なアタリが多いですが、フッキングしない場合も多いです。

まとめ

まあ、大体こんな感じで釣っておりました。

動画(ページ一番上)もアップしてますので参考にしていただければと思います。

さあ、9月です。そろそろ良型のアジが廻ってくるのでは!

コメント