爆釣!アオリイカ天国

兵庫・鳥取・島根から2馬力ミニボートでエギング、ジギング、メバリング、シーバス、ブラックバスなどの釣行記。アオリイカの釣果は必見!

マーキュリー2馬力船外機 2馬力ゴムボート

船外機プロペラ周りメンテナンスの方法

投稿日:2014年1月28日 更新日:

今回も、シーズンオフには是非やっておきたい船外機のメンテナンス、マーキュリー及びトーハツ2スト2馬力船外機プロペラ周りのメンテナンス方法を写真で解りやすく説明します。
また、ミニボートでの海上トラブルで一番多いと思われるシャーピンの破損。
シャーピンの状態を確認するのはもちろんの事、まさかのトラブル時も慌てず海上で交換作業が可能な様にシーズンオフに練習しておいて下さい。

割ピンの取り外し

プロペラは写真の赤矢印の部品、割りピンで外れない仕組みになってます。
プロペラ スプリットピン (割りピン) 
先ずは、この割りピンの少し折れ曲がった部分をペンチである程度真っ直ぐに直し取り外します。
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し1 
引き抜き作業
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し2
引き抜いた割りピンです。
クラック(ひび割れ)等ないか確認。問題があれば即交換。
このピンが折れ、外れるとプロペラが脱落します。
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し3 

プロペラの取り外し~シャーピンの点検

プロペラの取り外しは超簡単です。だだ引っ張るだけで外れます。
プロペラ取り外し
写真の赤矢印がシャーピン。プロペラが付いていたシャフトをプロペラシャフトといいます。プロペラの凹部分とシャーピンが引っ掛かりプロペラが回転します。よって、シャーピンが折れるとプロペラシャフトだけ回転し、プロペラは回転しません。
何故シャーピンが存在するかというと、海上で流木・網・ロープ等の異物がプロペラに接触した際、シャーピンが折れる事によりプロペラの破損を防止するための部品です。よって折れて当たり前の部品ですので、異物が接触した後は点検が必要です。
このシャーピンが折れるトラブルは良く起こるトラブルですので海上でも交換作業が可能な様に予備のシャーピンは必ず持ち、交換手順も覚えておくとよいかと思います。
シャーピンとプロペラシャフト
これが取り外したシャーピン。クラック(ひび割れ)等ないか確認し問題があれば即交換。
シャーピン

グリスアップ~プロペラ取付

次に、シャーピンとプロペラシャフトにグリスアップを
プロペラシャフトにグリス塗布
私の愛用グリス。クイックシルバー 2-4-C/マルチグリス
クイックシルバー 2-4-C/マルチグリス
プロペラを取付。この時、シャーピンとの位置関係によって奥に入らない場合があるのでしっかり奥まで入れる。
最後に割りピンを入れ、先端を折り曲げ完成。
プロペラスプリットピン(割りピン)取付
  

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マーキュリー2馬力船外機, 2馬力ゴムボート
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

シーキング Vs G&Yu

今年の夏に購入したディープサイクルバッテリー 「シーキング90A-XY」 「軽い!」これが決めてとなり購入。 使用状況にもよりますが 購入当初は大体6時間前後でバッテリー切れ 90Aなのでこんなものな …

マーキュリー2馬力船外機ギアオイル交換_2010′

先週の日曜日はかなりイイ凪で 出航も不可能じゃなかったのですが さすがにこの時期は何も釣れないので 1年ぶり?に 船外機のギアオイル交換 ドレンのネジが固くて固くて苦労して何とか 「汚ね~」真っ黒 左 …

エクステンションバーマーキュリー2馬力用

先日、わたしと同じマーキュリー2馬力船外機搭載のY君の船と併走していると Y君の船の方が少し早い 帰港してから話をしていると 「船のバウに座ると早い」との情報 ホンで、操船できる限り前に座ると 「早い …

新調!60cm枠タモ

先日の「98cmブリ」をGETした時 完全に破壊されてしまった 「ティガアルミ四つ折枠セット」 以前の記事「60cm枠タモ網」でも紹介したが やっぱ失敗でした 完全に強度不足 特に四つ折れはジョイント …

マーキュリー2馬力船外機クラッチOH

   かなり前からですが マーキュリーの2馬力船外機のクラッチが固く 長距離を走行した後には、30分ほど冷やさないと クラッチが入らない よってクラッチは入れっぱなしだったのですが 前回の釣行で、クラ …

スポンサードリンク

カテゴリー

過去の釣果&記事