爆釣!アオリイカ天国

兵庫・鳥取・島根から2馬力ミニボートでエギング、ジギング、メバリング、シーバス、ブラックバスなどの釣行記。アオリイカの釣果は必見!

マーキュリー2馬力船外機 2馬力ゴムボート

船外機プロペラ周りメンテナンスの方法

投稿日:2014年1月28日 更新日:

今回も、シーズンオフには是非やっておきたい船外機のメンテナンス、マーキュリー及びトーハツ2スト2馬力船外機プロペラ周りのメンテナンス方法を写真で解りやすく説明します。
また、ミニボートでの海上トラブルで一番多いと思われるシャーピンの破損。
シャーピンの状態を確認するのはもちろんの事、まさかのトラブル時も慌てず海上で交換作業が可能な様にシーズンオフに練習しておいて下さい。

割ピンの取り外し

プロペラは写真の赤矢印の部品、割りピンで外れない仕組みになってます。
プロペラ スプリットピン (割りピン) 
先ずは、この割りピンの少し折れ曲がった部分をペンチである程度真っ直ぐに直し取り外します。
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し1 
引き抜き作業
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し2
引き抜いた割りピンです。
クラック(ひび割れ)等ないか確認。問題があれば即交換。
このピンが折れ、外れるとプロペラが脱落します。
プロペラスプリットピン(割りピン)取り外し3 

プロペラの取り外し~シャーピンの点検

プロペラの取り外しは超簡単です。だだ引っ張るだけで外れます。
プロペラ取り外し
写真の赤矢印がシャーピン。プロペラが付いていたシャフトをプロペラシャフトといいます。プロペラの凹部分とシャーピンが引っ掛かりプロペラが回転します。よって、シャーピンが折れるとプロペラシャフトだけ回転し、プロペラは回転しません。
何故シャーピンが存在するかというと、海上で流木・網・ロープ等の異物がプロペラに接触した際、シャーピンが折れる事によりプロペラの破損を防止するための部品です。よって折れて当たり前の部品ですので、異物が接触した後は点検が必要です。
このシャーピンが折れるトラブルは良く起こるトラブルですので海上でも交換作業が可能な様に予備のシャーピンは必ず持ち、交換手順も覚えておくとよいかと思います。
シャーピンとプロペラシャフト
これが取り外したシャーピン。クラック(ひび割れ)等ないか確認し問題があれば即交換。
シャーピン

グリスアップ~プロペラ取付

次に、シャーピンとプロペラシャフトにグリスアップを
プロペラシャフトにグリス塗布
私の愛用グリス。クイックシルバー 2-4-C/マルチグリス
クイックシルバー 2-4-C/マルチグリス
プロペラを取付。この時、シャーピンとの位置関係によって奥に入らない場合があるのでしっかり奥まで入れる。
最後に割りピンを入れ、先端を折り曲げ完成。
プロペラスプリットピン(割りピン)取付
  

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-マーキュリー2馬力船外機, 2馬力ゴムボート
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ミンコタRT40

先日購入した ジョイクラフト(JOYCRAFT)JEL-300+マーキュリー2馬力セット でもバス釣りにはエレキが必須! かなり悩みましたが、海水での使用も考慮して ミンコタRT40をオークションで購 …

燃料フィルター交換

先日、装着した問題だらけの燃料フィルター 見た目がカッコイイだけで選んでしまったのが大失敗。 今度は、透明で中が確認できる使い捨てタイプの物 2個セットで購入。 早速、取付け そして、試運転。 今度は …

船外機スタンド製作

マーキュリーの2ps船外機、勿論自立しません。 段ボール箱に入れた状態では何も出来ないので 先ずは船外機スタンドの製作 ネットで色々調べてみると イレクターで製作している方が多い でも材料費2000円 …

2馬力ゴムボート到着

本日帰宅すると玄関に巨大な段ボール そう、先日注文した ジョイクラフト(JOYCRAFT) JEL-300+マーキュリー2馬力セット 手動式強力ポータブルシャワー 到着 早速開封! 先ずはマーキュリー …

2馬力船外機燃料フィルター撤去

船外機燃料フィルター撤去 燃料フィルターに付いて何度もUPしておりますが 結局、撤去する事になりました。 先日、燃料フィルターの付け替えを行いテストもパスし 順調だった燃料フィルターですが 先日の釣行 …

スポンサードリンク

カテゴリー

過去の釣果&記事